社会風刺ユーモアコラム〜ハブの卵〜

コラム☆思い出の作文☆

ホーム
コラム
辞書
プロフィール
政治運動
おまけ
リンク
メール
 この間、自分の物の整理しようと、納屋にあるダンボールを引っ張り出してきたら、中 から知らないおじいちゃん出てきた。相当、干からびていたが、ライフス ペースの人に言わせると死んでないそうなので、また元に戻しておいた。
 気を取り直して、"思い出の箱"と書いてある和歌山みかんの箱を引っ張りだした。中を覗いてみると、懐かしの品々が詰まっていた。
 おたふく風邪のときに友達からもらった手紙、運動会のメダル、94年4月17日付けのレシート、食べかけの饅頭、先輩にもらった第二ボタンなどだ。ほと ん どはゴミ当然のもので、実際即座に処分したのだが、その中に一つだけ、捨てれなかったものがある。
 それは、ぼくが小学校のときに書いた作文だ。おそらく、宿題か何かで書いたものだと思うのだが、あまりによくかけているので、ここで紹介することにしよ う。


ぼくがほしい物
2年(注・各学年ひとクラスしかなかったので何組の表記はなし) 木原 あおい

 今、ぼくには、ほしいものがあります。それは、日本です。
 なぜかというと、日本は、なんでもいうことを聞いてくれるからです。この前、ともだちのジョージ君がぼくにみせたくれたけど、ほんとうに何でもいうこと を 聞いてくれていたのでびっくりしました。
 ジョージ君がせんそうを始めたときには、すぐにさんせいしてくれていたし、ジョージ君が新しいぶきがほしいといったら、いっしょに作ってくれていまし た。
 ぼくは、ジョージ君がうらやましかったので、「いいなー」と言いました。
 そしたら、ジョージ君は、「マジ最高だぜ。」と言いました。

 もしぼくが、日本を持っていたら、まずケーキをつくってもらいます。ジョージ君はすきやきを食べさせてもらったみたいだから、ケーキくらいはかんたんだ と 思います。
 それから、しゅくだいとあとかたづけもやってもらいたいです。それから、いっしょにやきゅうをします。最近はみんなサッカーをやっていて野球ともだちが い ないからです。
 それから、ぼくがなんでも買えるようにお金を持ってきてもらいます。
 あと、ぼくがきらいなピーマンを食べてもらいたいけど、ジョージ君が、日本は牛肉が食べれないと言っていたので、ピーマンもダメかもしれません。でも、 ぼ くのいうことならきいてくれると思います。

 ぼくは、ジョージ君に日本を見せてもらってから、どうしても日本がほしくなりました。だから、家にかえって、おやつのきゅうりを食べながら、お母さんに ジョージ君に日本を見せてもらった話をしました。お母さんはそれを聞くと「ふーん。」といいました。

 ぼくは「ねえ、美人でやさしいお母さん。日本買って。」といいました。ぼくは、うそをつきました。本当のお母さんは、美人でもやさしくもなく ■■■■■■■■ とても美人でやさしくて、まるで、てんしのような人です。(注・ここは書き換えた後がある。おそらく、お母さんに見せたときに、書き換えさせられたんで しょう。)

 でも、お母さんは、「ダメ!この間、まんじゅう(注・あの饅頭)買ってあげたばかりでしょう」と言いました。
 ぼくは、どうしても日本がほしかったので、もっとおねがいしました。でも、お母さんは、ぜんぜん聞いてくれませんでした。
 ぼくはかなしくて泣いてしまいました。それで、ぼくは、「ねえ、日本買ってよ!日本買ってよ!」と言いました。
 お母さんは、「ダメって言ってるでしょう。いいかげんにしないと、とり小屋にとじこめるわよ!」と言いました。ぼくは、となりの家の佐藤さんの次に、に わ とりがきらいなので、おねがいをやめました。

 お母さんは買ってくれなかったけど、ぼくはそれから日本がもっとほしくなりました。だから、大人になったら、日本を買いたいです。

おわり

先生より(注・先生のコメント)
日本がほしい気持ちがヒシヒシと伝わってきました。とてもよく書けてると思います。先生も日本がほしくなりました(笑)。大人になったら買えるといいです ね。先生も応援してます。(笑)
鶏が嫌いって、木原君は鶏係じゃなかったかしら。(笑)


2005.09.02



inserted by FC2 system